ホーム>動画集

動画集

レスラーブリッジ

 

今回は首のトレーニング”レスラーブリッジ”です。

 

皆さん、“首のトレーニング”というとどんなスポーツを思い浮かべるでしょうか?

まず最初に思い浮かべるのはラグビーやアメリカンフットボールなどの激しいコンタクトを必要とするスポーツになると思います。もちろんこういったスポーツでは身体を守るため、また強く当たる為に必要不可欠な要素です!

しかし、もう少し広く身体を見てみると“首”は体幹の一要素とも考えることが出来ます!

バスケットやサッカーなど比較的コンタクトの少ないスポーツでは正確かつ急激なStop & Goや方向転換が求められます。いくら体幹を鍛えても重心から遠く、重い頭を支えることが出来きなければそのような動作は出来ません。

首を鍛えることでブレない身体を手に入れ、鋭いカットや的確な動作を行うためにこれまでのトレーニングにひとつ付け足してみてはいかがでしょうか??

 

1 クッションを準備します。

2 クッションの上に頭を乗せ、ブリッジの姿勢を取ります。

3 脚を振り上げ反転し、着地します。

4 3と逆方向に脚を振り上げ、元の姿勢に戻ります。

 

20151213172959.PNG

 

ディップ

 

ディップは一般的には腕の筋肉を鍛えるトレーニングとして使われますが、よしとみでは肩甲骨の可動域を拡げるストレッチとしても使っています!

 

注)台の高さは徐々に高くして下さい。

肩に痛みのある方は行う前にご来院、もしくは医師にご相談下さい。

 

1 台に座ります。

2 手の甲を上向きにして、お尻の下に手を置きます。(手の指は横ではなく、真っ直ぐ向けます)

3 肘を伸ばし、正面から見て肘が身体で隠れる様にして胸を張ります。

4 この際身体がくの字にならないように注意しながら身体を前方に移動させます。

5 肘が身体に隠れた状態のまま、お尻が地面に着くまで肘を曲げます。

 

 

マイムウォーク

 

これまでも何度か登場した”コロコロ”を複数使用して行うトレーニングです。

母指球をうまく使えないとなかなか前に進めないので、初めて行うと難しく感じるかもしれません

1. コロコロを3台用意します。

2. コロコロの上に片足ずつ乗せ、手にもコロコロを持ちます。

3. この姿勢の際に後ろの足をしっかりと伸ばし写真のような姿勢になります。

4. 前の足は動かさない様にして後ろ足を前方へ動かします。

5. 足を動かす際は手も同時に動かし、前方へ進みます。