ホーム>交通事故診療>自動車保険の豆知識
交通事故診療

自動車保険の豆知識

自動車保険は、主として、被保険者が加害者になったときの賠償保険として機能するわけですが、被保険者が被害者になったときに機能する様々な"保険"があります。そのうち、特に重要な、人身傷害補償保険、搭乗者傷害保険、弁護士費用等担保特約について、簡単に説明したいと思います。

人身傷害補償保険:

被保険者が契約している自動車に搭乗中の事故だけでなく、他の自動車に搭乗中の事故や歩行中の自動車事故等々で、本人の過失にかかわらず、保険金額を限度に、被保険者の実際の損害額(治療費、休業損害、精神的損害など)を支払う保険です。
家族(※)や搭乗者も対象となります。

搭乗者傷害保険:

契約の自動車に搭乗中の方が、自動車事故で怪我をした場合に、傷害(ケガ)の部位と症状により(または、契約内容によっては入通院の日数により)、所定の金額を支払う保険です。
死亡保険金、後遺障害保険金などもあります。

ページ上部へ